ページ内移動メニュー

社長あいさつ

エヌアイシー・ソフト株式会社
代表取締役社長

結城 至朗

平素よりエヌアイシー・ソフトに格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、1997年10月に日本情報通信株式会社の戦略グループ会社として創業して以来、SIサービスとシステム環境構築の2事業を柱に、20年以上、日本情報通信グループの名に恥じぬよう、時代のニーズに適う新技術を積極的に取り入れる等で日々、努力と研鑽を重ね、お客様ビジネスの最大化をご支援してまいりました。

創業当初は親会社ビジネスが主でしたが、近年は親会社ビジネスを上回る規模にまで、お客様との直契約ビジネスを成長することが出来た中、おかげさまで2022年に創立25周年を迎えます。

これもひとえに、皆様方のご支援の賜物であり、重ねて御礼申し上げます。

弊社がめざす会社像は、社員が会社や上司を信頼でき、強い連帯感を感じられる中で、個々人が思う存分実力を発揮することができ、その結果、社会への貢献を実感できる会社です。

創立20周年を機に、「NICSトランスフォーメーション」と称し、新たな目指すべき方向を定め、一歩一歩ですが、着実に邁進し続けておりますが、中でも、「リモートワールド下でも社員間で支援・共感し合い、共に成長し、一人ひとりがNICS意識が定着した社風」作りが重要だと考えています。

「一人ひとりがNICS」意識は、リモートワールドになり、社員間のコミニュケーション不足が経営課題となる中、社員一人ひとりがNICSを代表しているのだ、との認識を強く持つことで、連帯感が生まれ、個々人が各々自分ごとで仕事を行うようになれば、社員間コミュニケーション不足に伴う弊害解消に繋がり、ひいては、【EX向上】⇒【CX向上】⇒【社会への貢献】に必ずや繋がると考えます。

いつか、当たり前じゃん意識が芽生えることが、「NICS社員であることを誇らしいと実感できる」ことにもなると信じ、啓蒙活動を推進してまいります。

数年先の変化が読めず、誰もが判断に迷うVUCAの時代になった今だからこそ、日本情報通信グループの一員として、更なるグループシナジーを発揮すべく、弊社の強みを活かし、お客様の価値創造に寄与することで、当社はこれからも、これまで築いてきた経営基盤を引き継ぎながら、更にITスキルに磨きを掛けることで、あらたな成長を目指し、着実に邁進してまいりますので、今後とも弊社への変わらぬご愛顧とご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

New Ideas Create Solutions~共に未来を創っていく~

2021年12月吉日